成功する自営業術

利益率の高い仕事を選ぶと成功しやすい


自営業を始めるときには、その仕事の利益率について事前に計算をしておくのがいいですね。利益率というのは、仕入れ代金や人件費、広告費まですべてを引いて、どの程度の利益が残るかという数字です。利益率が悪いと事業の規模を大きくしなければ赤字を垂れ流すだけの結果になりかねません。
今の時代は、ネットビジネスなどかなり高い利益率を誇る世界も出てきました。余計な在庫を持たないので倉庫代が必要ないなど、利益率が極限までよくなる仕事を選んでから開業をするのがベターです。在庫を持たない場合は、売れ残って赤字が出ることもありません。データ販売のような形式なら、そもそも製造工程が必要なくなるので成功する可能性は高くなりますね。

人脈は広ければ広いほど有利


自営業者は、営業活動も広告活動も会社任せにはできません。すべて自分でやっていかなければならないのです。資金集めからすべて自分でやらなければならないので、最後は人脈の広さが問われてきます。人脈が広くて、アドバイスがもらえる人の数が多ければ、それだけ成功する確率も高くなります。
もしもまだ若いなら、自営業を始める前に人脈作りに励んでみるのもいいでしょう。ある程度のコミュニケーション能力と社交性がなければ、自営業で成功をすることは難しいです。なぜなら、自営という仕事スタイルそのものが、社会と関わり合いを持っていくことに違いないからです。学生時代から人脈作りには取り組んでおくといいでしょう。休日も無駄にはできません。